旅の友達

社会人になってから、なかなか友達ができない。
昔はどこに行っても新しい友達ができて、世界が広がるような感じがしたものだけど、働き始めると職場の人としか会わないので、自分で外の世界に探しに行かなければならない。

そういう意味では、ソーシャルネットワークサービスは有効だ。
普段の生活をしていれば会うこともないような人たちと、趣味を通じて話ができる。
インターネットがきっかけで、結婚したという人たちもたくさんいる。
やはり、趣味が同じということが一番仲良くなりやすいのだろうか。

わたしは大の旅行好きであるが、不思議なことにそんなに旅行好きな友達はいない。
旅行は好きでも、休みがとれなかったりお金がなかったりして、なかなか都合が合わないのだ。
わたしは旅行に行くためなら、たとえ強引にでも休みを取るし、多少の浪費も惜しまない。しかしいつも旅行に行く相手を探している。

一緒に行く相手によって、同じ行先でもまるで旅の楽しみ方が変わってくるのは面白いことだ。
京都・大阪には何度も行ったが、ある人と行った時には食い倒れの旅に、別の人と行った時には写真撮影の旅に、また別の人と行った時にはお買い物旅行になったりした。

一人旅に出たこともあった。
その日の気分で自由気ままに、誰にも気兼ねなく行きたいところに行けるのが一人旅の良さだ。
ただ、美味しい食事をしたり、素晴らしい景色を見たりするときに、誰か一緒なら良かったと思ってしまうわたしは、一人旅には向いていないらしい。

«
»