マネジメントに見られてるゲームと本

最近、人気マンガと人気ゲームはマネジメント哲学が詰まってるとと言ってマネジメントの本がよく出てるがあれ一体どうなんだうか?
俺にはあまり関心できない。

何故かと言うと結局その人気アニメと人気ゲームはマネジメントついて言ってないわけで具体的な言葉や数値でマネジメントを語ってるわけはなく結局精神論だけの話になるのでそんな精神論で言われても困るよと言う感じで俺は自分の精神マネジメントをどうすればいいか分からないままここに来ている。
精神論マネジメント本を読んではっきりとその本に従い成功できる性格ならそれでいいでしょうが俺は指針となるものにがっちりとはまって生きていくことは出来ない。
それでも俺がなんかしらにマネジメントを求めるとすればあのサイコロをてって全国を旅する人気ゲームシリーズである。
それでは目的地に一番遠かった人に罰ゲームが発生、台風で買ったのもが吹き飛ばされるなど脅迫心と人生何が起こるか分からない感が満載でそんな世界からどう一番になればいいかヒントが隠されてる。
ようは自分自身のサイコロを投げ出せとリスク背負っても前進して購入しながら目的地に辿り着いてお金稼げと言うマネジメントだが、それなりに人生を言っている気がして素敵である。
またそのゲームを作った会社も経営不振だしスタッフも飛ばされシリーズはもう作らない宣言をしているわでハードである。ただその会社は何も悪くない。
なぜならマネジメントとして元々そのゲームを作っていないから。

若い人材と管理システム
定額の勤怠管理システム
パッケージタイプの勤怠管理システムの導入後は保守費用のみで運用可能です。カスタマイズも対応。
biz-work.jp/
関連:www.nsschawaii.com

«