リーダーの人格設定

最初はバラバラだった数人の男女が、リーダーを中心に一致団結。
アイテムで、変身し、敵を倒す。さらに大きく再生する敵にも、ひるむことなく戦いを挑み、勝利する。
宇宙規模だったり、霊界がらみだったり、とてつもない巨大組織が相手なので、敵を倒して守るべきは、全宇宙、人類、世界の平和…。

このシリーズ、4歳の息子が大好きで、30年ぶりくらいに私もこの世界に戻ってきたような感覚で、息子の傍らで観ています。
暴力的になるから、魅せないほうがよいと思っていましたが、保育園に通うようになると、やはり、お友達から仕入れてくる情報で、「あれ買って」などと、武器や変身アイテムなどをせがまれるようになります。

「だって、おはなし、全然、しらないでしょう?」
「うん。でも、おともだちも持ってるって言ってたよ」

アイテムだけ持ってても、それをどう使うのかとか、知らなかったら楽しくないですよね。
親バカなのでしょうか?知らないのに欲しいとせがむわが子が、なんだか、可哀そうで…。
後に、12月25日の朝、枕元で発見するに至ったときの、息子のはしゃぎ様といったら、もう、ホームビデオにでも残しておきたかったくらいです。奮発したかいがありました。

同級の子たちの話題になっているのなら、その話題についていけるように息子にもみせてあげたい、そう思い、我が家でもみせ始めることにしました。

何十年も前から、似たような設定なのに、なぜか魅入ってしまうのは、やはり、出演する俳優さんたちが、男の子も女の子も可愛いからでしょうね!
旬な俳優さんたちが出ているから、奥様世代にも受けがいいのだと思います。
自分も昔、夢中になってみていたシリーズなのに、いざ、息子にみせるとなると、暴力が含まれている部分で躊躇してしまっていましたが、観はじめると、なんともリーダーの人格設定がすばらしいことに驚きます。
明るい、ポジティブ、前向き、仲間思い、やさしい、清潔感がある、強い、正義感、行動力があるところ…まだまだ、良いところはたくさんあります。
息子もこんな、すがすがしい、青年に育ってくれたらいいのに…と思うほど、このシリーズの俳優さんたちの評価はかなり、高いです。

»