パソコンで日誌を書き始めた

日誌を手書きからパソコンで書くようになった。
手書きが元々好きじゃない。
28年間手書きで日誌付けて何を今更と俺も思うが、手書きだとその文字は今日この時だけし書けない。

「い」を鉛筆で書いて、また同じ「い」をシャーペンや鉛筆で書いても微妙に違う「い」になるから手で書いてたものは二度と再現できないしだから消しゴムで消すのも子供の頃からずっと嫌だった。
それでも日誌を書き続けてきたのは人に報告したい事があったからしてきたんたが、やっとパソコンで日誌を書く術を覚えた。

なぜかカナ入力の方で書いてて人から変わってるねと不思議がられるかが多分いちいち「か」を書くのも「ka」と打たなければならないそんなまどろっこしさがレクチャーされてる時嫌だったんだろう。
だからかな入力で無理言って教えてもらったしローマ字入力より早いらしい。

事実快適だ。パソコンで日誌書いて便利な点。一つは見やすい。
検索ができて過去の日誌を見やすい。
報告先もそうやって利用して時々私の文章に笑ってほしいものだ。

そして再現ができる。同じフォントと同じ文字の大きさで書けば同じパソコンで再現できる。
俺は再現のしやすさと劣化しないことと、置く所がいっぱいで捨てられる事がないのが何より良いんだ。

他の従業員にもパソコンで日誌書くこと指示している。
最初は面倒くさがるかなと思ったがさすがは現代っ子。
普段から使ってるからかすぐに抵抗感なくやってる。

あと手の側面が文字で汚れないことを内心喜んでるそうだ。
これからも私とはパソコンで日誌を書き続ける事にする。

«
»