節約マネジメント生活

 なんとなく、言われるままに借金をし、レッスン料を払った。
都会に出て、少したったばかりの頃だ。

 そこから、私の節約マネジメント生活が始まる。
 まず、交通費を節約するために3駅くらい歩いた。

アルバイト先の最寄駅まで、10駅あるのだが、そこまで歩くとなると、そのあとの職務に影響してしまう。

試したことがあるけれど、疲れ切って仕事にならなかった。

自転車を購入するという手もあるが、そうなると、往復、自転車になるため、帰宅時間も遅くなり、睡眠時間が削られてしまう。

節約のための3駅も、行くときだけだ。
帰りは、電車をつかった。
バイトが終わったら、少しでも早く、アパートに帰宅して、シャワーを浴び、眠りたい。

 節約のための3駅だったが、都合がいいのはそれだけではない。
ダイエットにも効果抜群だった。
歩くと、2~3日で、おしりと太ももの間の肉がなくなり、足が長くみえるようになった。
少しでも体重が落ちると、フットワークが軽くなると同時に、気持ちも前向きになれた。

多めに炊いたご飯は、少しずつラップで包み、冷凍庫へ。
お惣菜は、割引のシールが貼られるのを待ってから、購入。
朝は、コーヒーとリンゴがあれば良かったし、栄養バランスは、昼のまかないで何とかなっていた。

 まだ、若かったこともあるが、何でもできる気がした。
夢は大きく、毎日、少しずつ、その夢に近づいているのだと思うと、節約マネジメント生活も楽しかった。
借金は、難なく返済することができたが、結局、夢はかなわなかった。
しかし、その頃の、おかげだろうと思うが、基礎代謝が多くて、少々、食べ過ぎても、太らない体質になることができた。

«
»