人材

派遣だった頃

人材派遣の会社に登録していたことがある。
まだ、日雇い労働のような働き方が許されていた時代で、一日働いては現金で報酬をもらっていた。
仕事内容は主に、スーパーでの試食・試飲だった。

“派遣だった頃” の詳細は »

家庭人としては評価の対象にならない

一週間ほど前から、旦那が連絡もなく帰ってこないのに、息子も娘も嘔吐下痢。
その上、息子は、頭に6針も縫うほどのけがをしている。
清潔を保つために毎日、傷口をシャワーしなくてはならない。

「ごめんね、ごめんね」と言いながら、私は、嘔吐と下痢でぐったりしている息子の、縫い目のある後頭部をシャワーで流した。

“家庭人としては評価の対象にならない” の詳細は »

就活の思い出

就職面接には苦戦した。
深い志でもあれば別だったかもしれないけど、自分がなにをやりたいか、というよりもなにができるのかが分からなかった。
企業が求める人材は、きまって創造的・意欲的で、コミュニケーション能力に優れ、新しいものを作っていく力のある人物だった。

“就活の思い出” の詳細は »

自業自得

 「有能な人材ですよね」私は、社長に言った。
「そうだね。上手に新郎新婦を誘導している」

 ここは、とある披露宴会場。
たくさんのゲストで埋め尽くされた会場。
照明を落とした場内の中央をスポットライトで照らされながら、ゆっくりと歩く新郎新婦。
その少し前を進む男性。
時々、振り向いては、新郎新婦を手招きしながら、誘導していく。

“自業自得” の詳細は »

人材になりたい

あの良く使われる辞書のサイトに「人材とは、才能で物事がうまく進む人のこと」と書かれてる。
それではあんまりだと言うかだが会社とかにとっては確かにそうなので上手く指摘してるなと思う。

“人材になりたい” の詳細は »

強面の顔

私はニートになってどのくらい経つだろうか?
ハロワに行くと自分の向く仕事を担当の人が相談に乗るが、行く度やっぱり合うのないなーと悩んでしまうしだが行かなくても悩むし‥とそんな感じである。

“強面の顔” の詳細は »

運動音痴

小学校のときまでは男女ともに「運動できる子がモテる」が当たり前だった。
100m走のタイムが20秒で、自転車に乗れるようになったのが小学6年生だった、超がつくほどの運動音痴なので、この事実が痛かった。
だから今でも女子アスリートの競技ばかりテレビで観戦していて、鍛え上げられた肉体に憧れるのかもしれない。

“運動音痴” の詳細は »