目薬がうまく使えない私

私は普段、コンタクトを使用しているのですが、困ったことがひとつあります。
それは、目薬がうまく使えないということ。
これは昔からなのですが、目薬が目に入る瞬間に目を開けていることができないのです。

パソコンを使う仕事なのでよく目が乾くのですが、そんなわけで目薬を使うことができません。
どうしても目をつむってしまうので、アイメイクも落ちますし、どんなに目が乾いても我慢するしかないのです。

目薬をさすときに目を開けていられない人は、「アー」と口を開くといい、と眼科の先生から言われたことがあります。
しばらくその方法で目薬をさしていたのですが、やはりどうしても目をつむってしまうのです。

最近は、目薬は寝る前にさすようにしています。
仕事中は我慢するしかありません。
仕事柄、ずっとパソコンの画面を見ているのでものすごく目が乾くのですが、まばたきをたくさんするなどしてごまかしています。

私の友人に、立ったままササッと目薬をさしちゃう友人がいるのですが、本当にうらやましいです。
なにかコツはあるの?と聞いてみたのですが、本人からしてみたらコツもなにもただ目薬さしてるだけなんだけど、といった感じで、ごく当たり前のことのようです。
私の目薬事情を話したら、笑われました。

まあ上手に目薬をさせる人からしたら、滑稽な悩みだとおもいます。
私も、ものすごく悩んでいるわけではないので別にいいのですが、でもこういう小さな悩みがすごく多くて。
別に死にはしないだろうけど、これがこうだったらもう少し便利に生活できるんだろうな、という小さな悩み。

生きていれば大小かかわらずいろんなつっかえが生じます。
私の目薬事情は小さなつっかえなわけですが、それでも不便を感じずにはいられません。

ホームページ英語翻訳
日本語ホームページを英語をはじめ希望する言語に変える作業はお任せ
www.web-honyaku.net/

«
»