嫉妬する心を初めて経験した私

嫉妬ってすごく醜いものだと思っていました。
きっと私が今まで本当に心から好きだと思った人がいなかったからでしょう。
でも私は今すごく嫉妬しています。
非常に心がざわついていて、自分ではどうすることもできないような感情です。

嫉妬したくて嫉妬しているわけではなく、嫉妬しちゃうのです。
自然現象の様な感じかもしれません。
相手の気持ちの真意はどうだってよい、自分の気持ちが相手に嫉妬した瞬間、もうそれは相手のことを敵視してしまうほどです。
私は今の彼が好きで好きでたまりません。
でも、ずっと振り向いてもらえないでいました。

何回も告白して、それでも彼からは好きになれるか分からない…と言われ、友達彼でもいいからなんてへりくだった言い方をした私がいるほどでした。
やっと手に入れた彼は自分の理想像に近く、付き合い始めるとそれは優しく大事にしてくれます。
ますます彼が好きになって私。
この関係を壊されてしまうと私自身も壊れてしまうのではないないかと思うほどです。

そんな時に彼と私の前に一人の女の子がやってきました。
その子が彼のことをどう思っているかわかりませんが、彼とは同じ中学だったそうで、すごく親しげに話しています。
たまたま会った彼とその子は今違う高校なので、久しぶりに会って話が弾んでいるのはわかります。
でも、許せない自分がいて、そんな自分の感情に初めびっくりしました。

嫉妬ってわかった瞬間、やっと私は恋しているって思いました。
でも、嫉妬すると言う感情が分かった現在、もうできれば嫉妬はしたくないです。
醜い心だと思っていましたが、嫉妬は醜い以上のもので自分ではセーブできません。

きっと彼になんてフォローされても嫉妬は収まらないと思います。
早くこの場から立ち去りたいなんて思っている私はまだまだお子様なのだと思いました。
でも、この気持ちをどうにか早く鎮めたいと願いつつも、恋愛デビューしたような気分にもなりました。

夜行バス大阪東京一括検索
東京と大阪を運行する夜行バスの最安値をバスポータルサイトごとにベスト5を表示
夜行バス案内所.com/
関連:www.jcomsport.com

«